スポンサーリンク

本番前のめんどくさい練習

もっと簡単に練習できないかなぁとか、一瞬で弾けるようになったらいいのにとか、ドラえもんの道具があったらいのに、など思うこともしばしばなピアノの練習。ちょっと弾けて来たらやってくる慢心から雑な練習をしてしまうと、本番は悪魔に囁かれてしまう事はわかっていながらも、そのことをすぐに忘れてしまいそうになります。

本番前には必ずしなければならないめんどくさい練習が2つあります。

1つは全体像を見てアクシデントに対応するための練習。もう1つは、まだこれが仕上がりの途上なんだという心を忘れず、ギリギリまで普段どおりのミスをなくしたり、技術的な折り合いを付けていく練習。

譜読みやレッスンで学んだことの復習勉強する事とは少し違った、本番前だからこそしなくてはならないんです。どんなにめんどくさくても、それを怠ってしまえばミューズは降臨してくれません。

楽器の演奏の大変なところは、弾くために練習をし続けなけれならないこと。それを肝に銘じて、今日できることを頑張るのみです。